大手業者のメリット、デメリット

大手業者に依頼することのメリットとは?

注文住宅の発注先には、大手の住宅メーカー、地元の工務店、設計事務所などいくつかの候補がありますが、このうちもっともメジャーなものは大手住宅メーカーではないでしょうか。このような住宅メーカーに依頼することのメリットとしては、大手ならではの豊富な建築実績に基づいたノウハウを最大限に活用した家づくりを行うことができるということがあります。また、大手ならではの購買力を最大限に活用することで、クオリティの高い資材や住宅設備を取り入れることができるという点もメリットと言えるでしょう。それ以外にも、高い信用力を有していることから長期にわたるアフターケアを安心して任せられるということも大手に依頼する利点の一つです。

大手業者に依頼することのデメリットとは?

このように大手の住宅メーカーに依頼して注文住宅を建てることには多くのメリットがあるわけですが、一方でデメリットもいくつか存在します。その一つは、工務店などと比較すると大手メーカーの建築費用は高額になりがちであるということです。大手の場合には中小の下請け業者に工事の各工程を再委託することが数多くあり、それがコスト増につながっていると考えられます。また、元々の人件費が工務店などと比べると高めであるということも要因と言えるでしょう。さらに、資材や住宅設備の仕様の水準が決まっていることから、選びたい設備などが必ずしも選べないという点もデメリットであると言えるかもしれません。しかしながら、こういったデメリットの多くは交渉次第で何とかなるものが多いため、大手に発注するのを妨げるほどの重大な問題にはならないでしょう。