そもそも注文住宅とは

理想通りの家を作れるのが注文住宅ですが、実際に注文住宅にすると建売住宅とは何がどのように違うのでしょうか。ここでは基本的な事柄を一から考え直すことで、改めて注文住宅のメリットを洗い出します。皆さんの住宅購入のヒントになればと思います。

そもそも注文住宅とは?

注文住宅は住宅を建てる際にあらゆる事柄を自分で決めることができるのが特徴です。一般的な住宅建設は施工業者が指定する建材やデザインに沿っ…

Read more »

建売住宅との違いは?

そもそも注文住宅とは何でしょうか。建売住宅との大きな違いは、設計段階から要望を取り入れてもらえることです。例えば間取りを見てみましょう。…

Read more »

注文住宅にするメリット、デメリット

注文住宅を建てるメリット

注文住宅は、分譲住宅とは違い、自分のイメージ通りの住宅を建てることができるメリットがあります。自宅を持ちたいと考える地域に土地を取得し、自分が住みたいと思う構造の住宅を建てることを可能にするのが、注文住宅の魅力です。長きに亘って住んでいく住宅ですから、自分なりの考えで、オンリーワンの住宅に仕上げたいと考えるのも普通でしょう。注文住宅であれば、設計の段階から参加することができるため、他には無い理想的な住居へ仕上げることを可能にします。注文住宅には、家の構造すべてをオーダーする形式のフルオーダータイプと、キッチンやバスルームなどの一部をオーダーするセミオーダータイプがあります。住宅に費やせる予算や期間を考え、適切なタイプを選びましょう。

注文住宅のデメリット

自分のイメージ通りの住宅を建てることができるのが注文住宅のメリットですが、分譲住宅とは違い、住宅が建つまでは、それなりな期間も掛かっていきます。分譲住宅のように購入してすぐに入居が可能ではありませんの、事前に長期的な視野に立って、注文住宅の建築を検討していかなくてはいけません。土地探しから始めていく形になりますから、注文住宅の建築には、長い期間を要します。自分がイメージする住宅を建てることができる土地が、いつまで経っても見つけることができず、なかなか住宅を建てることができない場合も多かったりするケースも多いものです。建てるまでの期間の長さ以外にも、注文住宅の場合は完成形をイメージしにくい部分もあります。出来上がった段階で自分のイメージと違っていたということの無いように、設計段階から入念な検討を行う必要もあります。

大阪の注文住宅はどこで購入するべきか

大阪の注文住宅は、全国展開しているハウスメーカーから地域に根差した工務店まで様々なところで購入することができます。

業者の選び方

一口に注文住宅といっても大手の業者から地元の工務店まで様々な会社があり、どこに頼めばいいか迷ってしまいますよね。ここではそんな時にどうやって選ぶのがいいか、業者選びの基準やコツをお伝えします。理想の住宅のため、少しでもお役に立てれば幸いです。

大手業者のメリット、デメリット

地元の工務店のメリット、デメリット

迷ったときの業者選びのポイント